バルコニーのない賃貸の方が快適に暮らせる理由

バルコニーのない賃貸の方が快適に暮らせる理由
バルコニーのない賃貸の方が快適に暮らせる理由

デザイナーズマンションを探していると意外と多いのがバルコニー(ベランダ、テラスなどを含む)のない部屋。私が住んでいるデザイナーズマンションにもバルコニーがありません。

一般的には洗濯物を干したりすることが出来るバルコニーを求める声が多いようですが、実はバルコニーがない賃貸でも快適に(場合によってはバルコニーがある部屋より快適に)暮らすことが出来るんです。

本記事では私が普段から実践している方法をご紹介しつつ、バルコニーがない賃貸の方が快適に暮らせる理由について解説していきます。

Advertisement

バルコニーで出来る3つのこと

バルコニーで出来る3つのこと

何故バルコニーには根強い人気があるのか。それはバルコニーがあると色々と便利に生活をすることが出来るからですね。バルコニーがない部屋について考える前に、まずはバルコニーで出来ることについて見ていきましょう。

洗濯物を外で干すことが出来る

バルコニーがある部屋を求める人が一番したいことが、洗濯物を外で干すことだと思います。確かに南向きのバルコニーで洗濯物を干せば洗濯物の乾きも早く、ふっくらとした仕上がりになります。

ただしデザイナーズマンションやタワーマンションでは、バルコニーがあっても外観上や洗濯物が飛ばされる危険性などの理由で、洗濯物を干すことが禁止されている場合もあるので注意が必要です。

観葉植物を育てることが出来る

一人暮らしを始めると何故か植物を育てたくなるものですよね。バルコニーがあれば植物を置いておくだけでなく、植え替えの作業を屋外で出来るので便利です。

ただし、夏場は予想以上に日差しが強くなることもあるため、葉焼けなどが起きないように注意する必要があります。

テーブルセットを置いて楽しむことが出来る

広めのバルコニーがあれば、屋外用のテーブルセットを置いて仕事やティータイムを楽しむことが出来ます。

バルコニーで外を眺めながら優雅に紅茶を飲む。そんな生活を一度はしてみたいものですね。

実はバルコニーがない部屋でも解決

実はバルコニーがない部屋でも解決

実はこのバルコニーで出来る3つのことは、バルコニーがなくても室内だけで簡単に解決することが出来るんです。それぞれ詳しく見てみましょう。

洗濯物を室内でしっかり乾かす方法

そもそもバルコニーで洗濯物を干すことが出来ても、花粉が飛ぶ時期は花粉の付着が気になりますし、幹線道路沿いでは排気ガスが気になります。また、雨の日は外に干せず天候に左右され、梅雨時期は何日にも渡って干すことが出来ない日が続いてしまいます。そのため元々室内で洗濯物を乾かすようにしておけば、季節や天候とは無関係に洗濯をすることが出来ます

浴室乾燥機を使う

バルコニーがないデザイナーズマンションやタワーマンションには高確率で浴室乾燥機がついています。意外と使用したことがない人も多い浴室乾燥機ですが、夜の入浴後に洗濯物を干して朝まで作動するようにタイマーをセットしておけば、朝には完全に乾いてしまいます。

浴室乾燥機には電気式とガス式があり、1時間で20円〜30円ほどの電気代やガス代がかかります。そのため4時間で100円ほどになり、毎日使う場合には3000円ほど光熱費が上がることになりますので注意が必要です。ただ、毎月3000円の費用で洗濯物を干すことが出来ないストレスから解消されると思えば、そこまで大きな出費ではないと思います。

洗濯乾燥機を使う

最近では所有率も上がってきた洗濯乾燥機。洗濯乾燥機は洗濯物を入れてスタートボタンを押せば洗濯から乾燥まで自動で行ってくれるので、洗濯物が干せない問題を解消するだけでなく、洗濯物を干すという作業を短縮することが出来る最強の時短家電です。

きちんとした物は10万円〜20万円ほどと値段が張りますが、絶対に買っても後悔しない家電ですのでおすすめです。

南向きの窓際で室内干し

住んでいる部屋に浴室乾燥機がなく、洗濯乾燥機を買う余裕もない。そんな方は、南向きの窓際に洗濯ラックを置いて室内干しをしてみましょう。私もこの方法を使っていますが、夏は数時間で乾き、冬でも天気がいい日なら一日で問題なく乾きます。ただし天気の悪い日は流石に乾きが遅く生乾きの臭いが出てしまうこともあるので、そんな日にはコインランドリーなどを使うようにしています。

観葉植物を室内で元気に育てる

観葉植物をバルコニーで育てていると、台風の日に飛ばされないように固定したり、寒さの厳しい冬には室内に取り込む手間がかかります。また、室内に取り込む際にきちんと消毒をしておかないと、屋外の害虫まで室内に持ち込んでしまう危険性もあります。

そこで私は観葉植物は南向きの窓際に置いて、一年中室内で管理をしています。室内で管理をしておけば台風の心配や冬の寒さの心配もありません。ただし室内で観葉植物を元気に育てるにはちょっとした工夫が必要です。過去の記事でその内容と、室内でも上手に観葉植物植物を植え替える方法をご紹介していますので是非ご覧ください。

》室内でも元気に観葉植物を育てる方法

室内でも外を眺めながらティータイムを楽しむ

南向きのバルコニーがあるということは部屋の南側をバルコニーが占領してしまっていることになるため、意外と部屋まで日差しが届かないことが多いです。同じ南向きの部屋でも、バルコニーがない部屋の方が部屋の奥まで日差しが入り込みます。

そのためバルコニーがない部屋でも窓際にテーブルセットを置けば、日差しを浴びて窓の外の景色を楽しみながらティータイムを楽しむことが出来ます。実際に私はこんな感じで窓際にテーブルセットを置いています。

窓からの眺めも中々良い感じです。

バルコニーがないことによるメリット

バルコニーがないことによるメリット

最後にバルコニーがないことによって生まれるメリットについて解説していきます。

家具の配置がしやすい

意外と気づかない方も多いのですが、バルコニーがあるとバルコニーに出る窓の前には家具が置けないので、家具の配置が難しくなります。広い部屋なら問題ないのですが、一人暮らしのワンルームだとかなり家具の配置が限定的なってしまいます。

結局は家具が入りきらず、バルコニーに出る窓を塞ぐようにベッドを置くことになり、ベッドをまたがないとバルコニーに出られないという経験をしたことがある方も多いのではないかと思います。

バルコニーがない部屋ならそんな心配もなく、部屋の中に自由に家具を配置することが出来ます。

タバコやバーベキューの煙の心配がない

管理規則で禁止になっていれば良いのですが、禁止になっていない場合にはバルコニーでタバコを吸ったりバーベキューをしたりする人がいますよね。煙は上に上がるので、下の階の人が臭いや煙を発生させると、上の階に住んでいる人はかなり被害を受けます。

バルコニーがなければそもそもそんな心配もいらないので安心ですね。

外観がかっこよく保たれる

これは私がデザイナーズマンションに住んでいる影響もあるかもしれませんが、バルコニーがないと外観が乱されることが無いため気分良く過ごせます。

バルコニーがあると洗濯物を干したり、勝手にシェードをつけたり、物置代わり使ったりと、外観が統一されずにごちゃごちゃした印象になります。こういったことにならないよう、デザイナーズマンションではバルコニーがない部屋が多いのかもしれませんね。

防犯上のリスクが少なくなる

まさか空き巣にはあわないだろう思っていても、意外と多いのがバルコニー経由の窓からの侵入です。鉄製の玄関扉と違ってバルコニーに出る窓は防犯上弱いため、中々対処方法が難しいというのが現実です。

また、バルコニーに干していた下着が盗まれるなどの被害を受ける可能性も考えられますね。

まとめ

いかがでしたか。私も今の部屋に引っ越す前はバルコニーがあったの方がいいのかなと思っていましたが、実際にバルコニーがない部屋に住み始めてみると全く不便はありませんでした。

部屋探しの仲介をしていると、必須条件に「バルコニーあり」を指定してくる方がいます。そういう方は駅近などの条件が良い物件があっても、バルコニーがないというだけで検索対象から外してしまっているので勿体ないですよね。今までバルコニーが必須だと感じていた方も、一度バルコニーがない部屋も引っ越し先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

Advertisement

ノウハウカテゴリの最新記事