TiGr Lock mini BLUEは軽量で頑丈な最強の自転車鍵

TiGr Lock mini BLUEは軽量で頑丈な最強の自転車鍵
TiGr Lock mini BLUEは軽量で頑丈な最強の自転車鍵

ママチャリを卒業し、ロードバイクやクロスバイク、ミニベロなどのちょっとお高い自転車に乗り始めた時に心配になるのが自転車の盗難リスク。盗難されないためには鍵をつけるのが一番ですが、丈夫な鍵は重くて持ち運びに不便だったり、軽い鍵は強度に問題があってすぐに切断されてしまったりと、なかなか軽くて丈夫な鍵って見つからないものですよね。

今回はそんな悩みを解決してくれる、軽くて丈夫で持ち運びやすい最強の鍵、TiGr Lock mini BLUEを購入したのでレビューをしていきたいと思います。MADE in USAなので、アメリカ製のプロダクトが好きな方にもおすすめです。

Advertisement

TiGr Lock mini BLUEの開封

TiGr Lock mini BLUEの開封

商品は細長い段ボールで届きました。鉄製のずっしりとした重さを想定していたので、持った瞬間は「あれ?軽い。」という印象でした。

中身はこんな感じ。以下の5つが同封されていました。

  • TiGr Lock mini BLUE本体
  • 専用マウントホルダー
  • 鍵2本
  • ステッカー
  • キーコード登録の用紙

TiGr Lock mini BLUE本体と専用マウントホルダー

鍵2本

銀色のプレートの裏にはキーコードが書かれていて、鍵を無くしてしまった時でもこのキーコードで同じ鍵を注文することが出来るようになっています。

ステッカーとキーコード登録の用紙

取り付け方法

TiGr Lock mini BLUEは専用ホルダーを自転車にマウントすることで、鍵本体を自転車に固定して持ち運ぶことができるようになっています。そのため、鍵本体をバッグなどに入れて持ち運ぶ必要がなくて便利です。

まずはボトルケージなどを取り付ける際に使用する、自転車のフレームについているボルトを六角レンチで外します。

そしてこの専用ホルダーを取り付け、再びボルトを六角レンチで締め直せば取り付け完了です。

1分ほどでしっかりと固定することが出来ました。

そしてこの専用ホルダーに本体を固定すれば取り付け完了です。tern SURGE UNOの黒のボディ色といい感じに馴染んでいます。この自転車の詳細が気になる方は以下の過去記事をご覧ください。

》tern SURGE UNOのレビューはこちら

固定方法は、専用ホルダーの下端の受けに本体をはめ込み、専用ホルダーの上部についている爪でプレートを挟み込む仕組みになっています。

実はこのTiGr Lockは何度か改良がされていて、以前のものは専用ホルダーと鍵本体の固定が甘く、走っているとカタカタと揺れてしまうこともあったようなのですが、最新版のBLUEでは専用ホルダーにも改良が加えられているようで、がたつきもなくしっかりと固定することが出来ました。

ちなみにフレームのサイズによってはトップチューブとダウンチューブの幅が足りず、取り付けようとすると鍵本体がトップチューブに干渉してしまう可能性もあるので注意が必要です。TiGr Lockには通常サイズのTiGr Lockと小さめサイズのTiGr Lock miniがあり、私のようにフレームの小さいミニベロに乗っっている方はminiを選んでおいた方が良いと思います。

実際のサイズ感は下の写真の通りです。下のボルトから鍵本体の上部まで約25cmなので、下のボルトからトップチューブまで25cm以上の高さがあればminiをマウントすることが出来ます。

街中での使用感

ここまでこのブログを読んで下さった方の中には、「こんな小さい鍵でちゃんと使えるの?」と疑問に思っている方も多いと思います。もちろん電柱や樹木などに固定することは出来ませんが、都内などの街中なら、自転車を停めたい場所の周りを少し探せば上の写真のようなガードレールが見つかるので、それほど固定場所には困らないと思います。

このくらいの細いレールなら、トップチューブと固定しても全然余裕があるサイズ感です。

ちなみに鍵本体は透明のカバーで覆われているので、フレームに傷をつける心配がなく安心です。

TiGr Lock mini BLUEの特徴

TiGr LockはアメリカのStanton Concepts社が制作をしていて、日本では株式会社アドベンチャーエイドが正規代理店として販売しています。

普通サイズのTiGr Lockと小さめサイズのTiGr Lock miniがあり、チタン製や硬化ハイカーボンスチール製のものがあります。私が購入したBLUEは硬化ハイカーボンスチール製で、ステンレスのなんと3倍以上の引っ張り強度があるそうです。

TiGr Lock mini BLUEは定価は14,278円と鍵にしてはかなり高価ですが、大切な自転車を守ってくれると思えば安い買い物かもしれません。

2021.5.17現在、TiGr Lock mini BLUEは一般販売前でMakuakeからしか購入することが出来ませんが、amazonなどではチタン製の一つ前のシリーズを購入することが出来ます。

また、よく比較される鍵としては、クリプトナイトのU字ロックとABUSのチェーンロックが挙げられます。

価格重さ強度  持ち運びデザイン
TiGr Lock mini BLUE約14,278円約431g良い
クリプトナイトのU字ロック約11,840円約1,000g普通
ABUSのチェーンロック約3,278円約510g×悪い

強度と比較して、TiGr Lock mini BLUEは圧倒的に軽いことが分かります。自転車に乗るときに毎回1,000g(1kg)の鍵を持って行くのは嫌ですよね。

まとめ

いかがでしたか。TiGr Lock mini BLUEは人気のあるクリプトナイトのU字ロックと比べても、強度があるにも関わらず重さは2分の1以下という軽さで、まさに軽くて丈夫な最強の鍵だと言えます。自転車が盗まれるのが心配だから脆い鍵は付けたくない、でも丈夫でも重い鍵は持ち運びたくないという方にぴったりです。まだまだ持っている人も少ないので、街中で使っていると注目の的になるかもしれませんね。

Advertisement

自転車カテゴリの最新記事